HOMEスタッフブログ植栽 樹木 菜園 花壇 > 一日で散る槿花

一日で散る槿花

~「人の栄華は儚い」例え

二十四節気立秋の次の処暑(しょしょ)に変わりました

処暑とは「厳しい暑さが終わる頃」という意味です

今年は私の体感的に、雨も多かったからか比較的過ごしやすかったように思います

何といっても昨年夏、浜松市は全国の最高気温を記録していますのでそのころに比べれば・・・ね
5122

季節の花のご紹介木槿◇ 

さて、これなんて読むか分かりますか?

朝に開いて、夜にはしぼんでしまうことから
「槿花一朝(きんかいっちょう)の夢」「槿花一日(きんかいちじつ)の栄」といった成句も存在します

槿花は植物のムクゲの花のこと

答えは『ムクゲ』はかなく涼やかな花とされています
f1053b26b858551060a5cb207d7a5c6e
cafacf6c8ccd6389aedc7e771ac297b81
1258dd133057f6220d0df170cd62e9a4
木槿の花は夏から秋にかけて、長い期間次々と新しい花を咲かせます

寒さに弱いため盛夏を彩る花木のイメージですが、季語は秋なんです

数多くの品種がつくられ、花の形も一重、八重、花笠咲きの種類があり、
花色も基本種の紫系から、純白、ピンクとそれぞれの中間色もあります

花弁のもとの方の色が変化しているものなどを含めると、200種類ほどの品種があります

原産地は中国ですが、韓国の国花になっています
○●○●●○ まろうど浜松本店 ○○●○●○
431-1114 静岡県浜松市西区佐浜町5431
TEL053-485-8820 / FAX053-485-8821
営業時間:10:0017:00 / 定休日:毎週水曜日

まろうど 本田
お問い合わせはこちら

印刷用ページはこちら