HOMEスタッフブログ植栽 樹木 菜園 花壇 > 周囲を明るくしてくれるヒペリカム

周囲を明るくしてくれるヒペリカム

~鮮黄色の目立つ花

花期は6~7月、梅雨のころ鮮黄色の花が際立って目立ちます

『ヒペリカム』はオトギリソウ科のオトギリソウ属の植物です

その中でも切り花などで楽しむヒペリカムは、花ではなく実を観賞するのが一般的です

ヒペリカムは常緑の葉や花・実を楽しむ植物ですが、
最近では黄金葉や斑入り葉のほか実の色が鮮やかな改良品種なども出回っています

ヒペリカム属の植物の中で園芸植物として古くから栽培されているのは、
中国原産の「キンシバイ」「ビヨウヤナギ」です

近年ではそれらに加え、海外から導入された新しい品種が栽培されるようになり、
これらを総して「ヒペリカム」と呼びます
579

花の容姿が美しく、葉の形が柳に似ていることから『ビヨウヤナギ(美容柳)と名付けられました

同じ仲間の『キンシバイ(金糸梅)との違いは、
長い雄しべと花びらが細めのビヨウヤナギに対し、
短い雄しべと花びらは丸めの形がキンシバイで見分けがつきます
biyouyanagi
ビヨウヤナギ


上を向いた雄しべまで鮮黄色で、かつ繊細な美しさを持つのは本種のみです

樹高は80㎝ほどになります
7509a9038a79e4f47a21a8e1896a10851
キンシバイ
b480c4d43ea72aed8705737ff3da96d81
581

『ヒペリカム・カリキナム』は、「西洋キンシバイ」の和名を持ちヒメキンシバイとも呼ばれます

横に広がるように、やや大きめの黄色い花を咲かせ、花弁より雄しべのが目立ちます

グランドカバーとして利用されます
DSCN1796-11
DSCN1799-1
ビヨウヤナギによく似ていますが、ビヨウヤナギの雄しべはふわっとカールしています
580

「キンシバイ」の花より一回り大きい『ヒペリカム・ヒドコート(大輪金糸梅)

鮮黄色の大輪の花が房状につき、長い期間咲き続けます
451c4b0be2d56b780abb64f07ac1d3312
7e672bbc9154eff1b9dd7d1417034a41
ビヨウヤナギ西洋キンシバイが似ているように、キンシバイヒペリカム・ヒドコートもよく似ています

花の開き加減がお椀のようにカップ状に咲くキンシバイに対し、ヒドコートは平らに開き咲きます
582

「ヒペリカム」の仲間は多岐にわたります

ヒドコート・ビヨウヤナギ・キンシバイ、遠目では違いが判らないくらいよく似た花たち。。。

どれも過湿や乾燥にあまり強くはありませんが、樹勢はとても強くて丈夫です
○●○●●○ まろうど浜松本店 ○○●○●○
431-1114 静岡県浜松市西区佐浜町5431
TEL053-485-8820 / FAX053-485-8821
営業時間:10:0017:00 / 定休日:毎週水曜日

まろうど 本田
お問い合わせはこちら

印刷用ページはこちら