HOMEスタッフブログ植栽 樹木 菜園 花壇 > 夏夜を幻想的に彩る

夏夜を幻想的に彩る

~鬼が持っている提灯⁉

これ何と読むか分かりますか?

鬼 灯
361
675e1acf876b543a42dae0cfd7e25478
答えはホオズキだったんですね~

真っ赤な実は使者を導く提灯の役割を果たすとされ、日本では古くからお盆に仏花として飾られてきました

赤い提灯のような袋は、ホオズキのガクです

3月頃地下茎から芽を伸ばし始め、5~6月頃薄クリーム色の花を咲かせます

その花が受粉し、7~9月に実が付きます

袋状に育ったガクは最初緑色で、8月頃朱赤に色づき、これが観賞用にされています
362

昔は薬草として利用されてきました

子供の夜泣きやひきつけ、大人のお腹や胸の痛みを和らげる効能があります

中国では、根が「酸漿(サンショウ)」という生薬名で知られ、
漢方医学では咳止めや解熱利尿の薬として熱や黄疸の時用いられます
363

良く熟したホオズキの袋状のガクは、数日水につけておくと柔らかい組織
が溶けて葉脈だけが網状に残り、非常に美しい飾りになります
badd82f6061cb99cd62d575d957415e6
a5af5500aa49882a336688afaf0982b0
4250

鉢植えで売られることが多い、夏の風物詩でもある「ホオズキ」

実は、意外と育てやすいんです

日当たりと水はけがよい場所を好みます
○●○●●○ まろうど浜松本店 ○○●○●○
431-1114 静岡県浜松市西区佐浜町5431
TEL053-485-8820 / FAX053-485-8821
営業時間:10:0017:00 / 定休日:毎週水曜日

まろうど 本田
お問い合わせはこちら

印刷用ページはこちら