HOMEスタッフブログ > 植栽 樹木 菜園 花壇

植栽 樹木 菜園 花壇

春のお彼岸の頃咲く花

2019年3月21日ブログテーマ : 植栽 樹木 菜園 花壇

~卒業お祝い申し上げます

sotsugyo_syousyo
昨日浜松では小学校の卒業式で、スーツ姿の親子を見かけました。

卒業おめでとうございます

今はイラストのような筒ではなくホルダーに入れてもらえ、
卒業アルバムと一緒に本棚などに収納しやすくなっていますね。。。
sakura-1

本日「春分の日」国民の祝日、お休みですね~

「春分」を挟んだ7日間が「春のお彼岸」になります。
00d3a65b914e5138bc51dd23e46c13e9

「暑さ寒さも彼岸まで」といわれ、寒さの終わる春の彼岸の頃に咲くのが彼岸桜(ヒガンザクラ)です。

花は淡桃色が多く、葉が開くのに先立って、1芽から2~3花を咲かせます。

樹高は4~6mで、枝は細く斜上します。

あまり大きくならないのと、樹勢が強く長寿であることから、記念樹になります。
sakura1
ac0584877bff03baea71f4964749dea2
高級感ある真鍮製のこんな記念プレート (イメージ)

色褪せることなく思い出がいつでも目にできますね。。。
○●○●●○ まろうど浜松本店 ○○●○●○
431-1114 静岡県浜松市西区佐浜町5431
TEL053-482-8820 / FAX053-485-8821
営業時間:10:0017:00 / 定休日:毎週水曜日

まろうど 本田

春を告げる花

2019年3月7日ブログテーマ : 植栽 樹木 菜園 花壇

~今日はあったかいカナ!?

昨日3月6日は『啓蟄(けいちつ)

虫が冬眠から目覚め活動を始める頃という意味で、春の訪れを感じます。

『三寒四温(さんかんしおん)

冬季、三日間ぐらい寒い日が続き次の四日間ぐらいが温かく、これが繰り返されることをいいます。

ちょうど今ぐらいの春に移り変わる時期によく耳にします。
732

白木蓮が銀色の毛で覆われた蕾を白い花が突き破って今にも咲かせてくれそう・・・
春を告げるのはもうすぐそこって感じですね~

青空の下、純白の大輪が咲く様は圧巻です
0ba578a91279b5ecadbec14d68d5c1ae


『白木蓮(はくもくれん)
中国原産のモクレン科の落葉樹。

蕾を薬用にしたり、花弁を食用にしたり、種子からは油を搾るという利用もありました。
32ae741d93318f8c96ece301c145804c
a6ff09ff46b858d42aa0ee6bdf7cc5de
強剪定にも耐えるので、個人のお庭でも楽しめます。









白木蓮に似た花で同じモクレン科の『コブシ』

花びらの枚数は6枚で白木蓮より少なく、上に向いて咲く白木蓮とは違い上・横・斜めなど様々な向きで咲くのがコブシです。
08c77dc1728ea60fc80c01d03cfba0d4
643

クリスマスローズの花はきれいなのになぜか下を向いて咲くのでけなげな感じがします

もっと美しさを主張してもいいのに
DSCN0801-1
DSCN0803-1
DSCN0805-1
○●○●●○ まろうど浜松本店 ○○●○●○
431-1114 静岡県浜松市西区佐浜町5431
TEL053-482-8820 / FAX053-485-8821
営業時間:10:0017:00 / 定休日:毎週水曜日

まろうど 本田

雛祭り✿

2019年3月3日ブログテーマ : 植栽 樹木 菜園 花壇

~桃の節句、上巳の節句

3月3日は五節句の一つ「桃の節句」、もともとは「上巳(じょうし)の節句」といいます。

その昔、3月上旬の巳の日に災いを人形に移して厄払いをする「上巳節(じょうしせつ)」という風習がありました。

これと人形を使ったおままごと「ひいな遊び」が合わさり、災いを移した紙人形を川や海に流して身を清める「流し雛」の習わしが誕生しました。

現在では、女の子が生まれると雛人形を用意して、災いを人間に代わって人形に受けてもらい、健やかに成長することを願ってお祝いするようになりました。
5bda4d09390f095bd4c678d98755d5db
41ff68d2d80feeb43742078c52a42c3d1

家庭では雛人形を飾り、桃の花を活けます。

桃は中国原産の落葉樹で、古来、邪気や悪霊を払う霊力があるとされてきました。

桃の花は普通4月ごろ咲くので、この季節に咲くものは温室での促成物です。

○●○●●○ まろうど浜松本店 ○○●○●○
431-1114 静岡県浜松市西区佐浜町5431
TEL053-482-8820 / FAX053-485-8821
営業時間:10:0017:00 / 定休日:毎週水曜日

まろうど 本田

独立して植えても組み合わせても優れた植栽

2019年2月5日ブログテーマ : 植栽 樹木 菜園 花壇

~和洋どちらにも合う

縁起の良い木として、「(ひいらぎ)」や「南天(なんてん)」を紹介しましたが、
どちらの要素も備える『柊南天(ひいらぎなんてん)という木もあります。

和洋どちらの雰囲気にも合い、他の木の下の半陰地でも育ち、大気汚染や乾燥にも強い優れた木です。


柊南天(ひいらぎなんてん) メギ科の常緑低木

和名は葉がナンテンのように複葉でヒイラギのようにトゲがある事や
果実のつき方がナンテンに似ていることに由来。

学名にjaponicaとありますが、日本原産ではなく中国中南部やヒマラヤの原産。
22dbba75b9b0c6e15eca0b726ef578074
fff5e418c16f528d843243380621d0961

早春に小型の黄色い花を房状に咲かせます。

初夏に黒青色で粉をふいた果実が熟します。
484

こちらは『細葉柊南天(ほそばひいらぎなんてん)で、柊南天と葉の形が違います。

性質も違い、暑さには強いが乾燥に若干弱い。


細葉柊南天(ほそばひいらぎなんてん) メギ科の常緑低木

一般的には『マホニア・コンフーサ』とも呼ばれて、
秋に黄色い鮮やかな花が咲き、青々とした葉が特徴です。

独立して植えても、群植しても、他の木と組み合わせても魅力的です。

展示場にもあり、手間もかからなく見栄えも良いためおすすめしたい植栽です。
DSCN0785-1
DSCN0063-1

○●○●●○ まろうど浜松本店 ○○●○●○
431-1114 静岡県浜松市西区佐浜町5431
TEL053-482-8820 / FAX053-485-8821
営業時間:10:0017:00 / 定休日:毎週水曜日

まろうど 本田

縁起の良い木

2019年2月3日ブログテーマ : 植栽 樹木 菜園 花壇

~節分は邪気払い

実は節分というのは1年に4回あります。

「節分」=「季節を分ける」つまり季節が変わる日のことで、
立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日が「節分」です。

旧暦では立春が1年の始まりで重要視されていたので、春の節分が残ったようです。

「豆まき」も1年の最後に厄払いする行事だったわけです。
68618672d15411c5fbd87b473bed87dd1

「柊鰯(ひいらぎいわし)」も魔除けとして昔から行われてきた風習です。

柊の小枝に、焼いたイワシの頭を刺して玄関付近に飾ります。

柊のとげが鬼の目を刺し、イワシの臭いが鬼を追い払うという言い伝えがあります。
483

昔は鬼が住むといわれる鬼門(北東)に裏鬼門(南西)に南天の木を植え、
邪気(鬼)を寄せ付けないようにする風習もありました。

南天は「難を転じる」という語呂合わせから縁起の良い木とされています。
eef1b2721d2f72aa64c81169a3d0407e1

(ひいらぎ) モクセイ科の常緑小高木

ゆっくりと高さ3~6mに生長します。

葉は光沢のある濃緑色で対生し、厚くて硬く、縁に3~5対の鋭いとげ状の鋸歯(きょし)があります。

老木になると鋸歯がなくなり、全縁状の葉になります。

花は11月ごろ咲き、純白で芳香を放ちます。

南天(なんてん) メギ科の常緑低木

冬になると真っ赤に実る南天は、古来災難除けのまじないになるとされ、縁起木として正月飾りに用いられます。

薬用植物としても知られており、実を咳止めに用いるほか、葉もうがい薬や入浴剤などになります。

梅雨時に花を咲かせるため、雨除けをすると実つきがよいといわれます。
22d079c4ec5f66e4020ead69837ac91c1

○●○●●○ まろうど浜松本店 ○○●○●○
431-1114 静岡県浜松市西区佐浜町5431
TEL053-482-8820 / FAX053-485-8821
営業時間:10:0017:00 / 定休日:毎週水曜日

まろうど 本田