浴衣~注染染め~

独特のゆらぎの技法

123fab731083fc68ae94e8e4d6054de5
夏休みですね・・・

花火やお祭りの季節です。いつもと違った楽しみとして、浴衣でおめかしなんていかがでしょう

浜松産の浴衣は、日本独自の伝統的な注染染めらしいです。

033sss
注染とは明治時代後期に量産に向けて合理化した染め方で、布を屏風畳にし、まとめて4反分を染めるというもの。

上から注ぎ込んだ染料を下から真空ポンプで吸引することで、層になった生地の表裏両面を染めることができます。

色のはみ出しを防ぐ糊で土手をつくり、頭の中で色をブレンドするようにイメージして、特別なやかんで手早く染料を注ぐ。

布地の上で同時に数色を染め分けたり、ぼかしやグラデーションなどの繊細な表現も可能です。
senkohanabi-thumbnail2
浜松には素晴らしい伝統技術があるんです。

これこそ日本の美しい文化ですね




○●○●●○ まろうど浜松店 ○○●○●○
431-1114 静岡県浜松市西区佐浜町5431
TEL
053-482-8820 / FAX053-485-8821
営業時間:10:0017:00 / 定休日:毎週水曜日

まろうど 本田
お問い合わせはこちら

印刷用ページはこちら