防災の日

~日ごろの備えが必要

つい先日、九州北部地方は記録的な大雨で大洪水に見舞われ甚大な被害をもたらしました。

被害にあわれた方、お見舞い申し上げます。

日本各地で予想だにしなかった災害が、最近はとても増えています。


本日9月1日は『防災の日』

「政府、地方公共団体等関係諸機関をはじめ、広く国民が台風、高潮、津波、地震等の
災害についての認識を深め、これに対処する心構えを準備する」ことと制定されました。
08d1af5ef54b304439777d7317e53a96

1923年(大正12年)に発生した関東大震災が9月1日だった事と、
暦の上で9月1日は「二百十日」に当たり、台風の多い時季でもあります。

「二百十日」とは2月の立春から数えて210日目という意味で、
「二百二十日」は立春から数えて220日目、9月11日頃で
どちらも台風警戒の目安とされています。

「防災の日」をきっかけに災害に対する知識を高め、準備をしましょう
50190b8167a1cbe6ab367f78c9e652bc

めったに起きないからスルーするのではなく、災害が起きることを前提で備えを・・・

● 食料・飲料などの備蓄
● 非常用持ち出しバック準備
● 安否確認方法
● 避難場所や避難経路

大切なのは、日ごろの備えです。。。

自宅だけでなく、職場や学校などの「ハザードマップ」もしっかり確認しましょう
753

私が住む東海地方は、南海トラフを震源とする巨大地震が
いつ発生してもおかしくないと幼少期から言われ育ってきました。

昨今の異常気象で繰り返し日本を襲う災害にも不安はぬぐえません。

少しでも被害を少なくするためにできることを考えたいと思います。
○●○●●○ まろうど浜松本店 ○○●○●○
431-1114 静岡県浜松市西区佐浜町5431
TEL053-482-8820 / FAX053-485-8821
営業時間:10:0017:00 / 定休日:毎週水曜日

まろうど 本田
お問い合わせはこちら

印刷用ページはこちら