節分の由来

今日は豆まきですね(=^・^=)

image10

『節分の意味や由来とは?』


節分とは、もともとは季節の変わり目の前日のことを指します。

「季ける」=「節分」 ということですね。

立春・立夏・立秋・立冬と、1年に4回ありました。

ところが日本では、1年の始まりである立春を特に重んじる習慣が
ありました。

今でいう大晦日にあたる立春の前日には、新年に福を呼び込むために
さまざまな邪気払いの行事が行われていました。

この名残から、現在では節分といえば春の節分のみを指すように
なりました。



『節分の豆まきの由来は?』


2月3日の節分には、豆をまきますね。

この豆まきの起源は、中国の儀式が伝わったものと言われています。

疫病や災害をもたらす鬼を追い払う「追儺(ついな)」という儀式で、
平安時代には大晦日に宮中で行われていました。

平安貴族も豆を投げていたのです。

なぜ豆を投げるのかというと、
鬼の目を表す「魔目(まめ)」に豆を投げつけることで、
「魔滅(まめつ)」になる
と考えられていたからです。

こうして豆を投げて、無病息災を祈っていたのですね。


○●○●●○ まろうど浜松店 ○○●○●○
〒431-1114 静岡県浜松市西区佐浜町5431
TEL:053-482-2505 / FAX:053-485-8821

営業時間:10:00~17:00 / 定休日:毎週水曜日

まろうど 新村
お問い合わせはこちら

印刷用ページはこちら