HOMEスタッフブログエクステリア施工例 > 伝統美漂うアイテム

伝統美漂うアイテム

~現代のデザインや素材と融合

「鬼滅の刃」の登場人物が着ている衣装で注目されているこの和柄。。。


f26c846136b6147fc17ab242fef1e6f0

日本の伝統模様である『市松(いちまつ)模様

この市松模様は「石畳文(いしだたみもん)」とも呼ばれ、オリンピックエンブレムのもとにもなっています

日本の伝統「和柄」の中で吉祥文様(きっしょうもんよう)といわれる縁起の良い和柄の一つです

他にも・・・
fc8175f6916090cc39144b75a8d3b5d2
七宝(しっぽう)
同じ大きさの円や楕円を4分の1づつ重ねた柄
「円満を願う」

85a4851426f6f658490c25f600543352
青海波(せいがいは)
末広がりの形状の波が永遠に広がっていく柄
「未来永劫平穏を願う」
43981b60cc739227093e2963637f0d82
亀甲(きっこう)
亀の甲羅に見立てた六角形を並べた柄
「長寿の象徴」
※ 亀甲を3つ組み合わせた
毘沙門(びしゃもん)亀甲
d5252fa7a7465abfc468384c8d705fa9
麻の葉(あさのは)
生命力が強い植物の麻をモチーフとして正六角形と結び付けた幾何学模様
「子供の健やかな成長」
24cbd61ed30e522b4a724b55735aa584
矢絣(やがすり)
一度飛んでいけば戻ってこない矢の羽根の柄
「出戻ってこない」
a5670d4dc2ffcb0d5b86468be49c473b
紗綾形(さやがた)
漢字の卍を斜めに崩してつなげた柄
「無限に続いていくことを願う」

(一部を紹介しました)
それぞれに意味があり、歴史があります

古くから取り入れられている着物や工芸品だけでなく、
現代の生活する空間にも取り入れてみませんか。。。
4229

日本建築に欠かせない素材、瓦

中でも「いぶし瓦」は、渋い銀色の光沢と発色の美しさが際立ちます

いぶし瓦は釉薬を一切使用せず、特殊な高温焼成によって表面が銀色の炭素膜に覆われることから、
耐寒性と耐久性に優れています

瓦と同じ製法でつくられた、伝統美漂うアイテムたち
0d4c3d5e7a309c1c5d89d6b0c72a3132
4cd71347a7a17efcf0e3d18a066ea0df


◆セレ・プレート

三州瓦の町高浜の職人の手により、伝統模様の七宝を彫刻

和風やモダンな演出にも使えるアイテムです



◆三州瓦 游瓦(さんしゅうかわら ゆうが)

游瓦はいぶし瓦と同じ製法でつくられました

様々なアイテムと組み合わせ、広さと形に応じて自由なプランニングができます
1847900b16cae1dd3080e1939338a057
3d39b3ed11be74e094d1c31c016f3eec



◆淡路瓦(あわじかわら)

淡路島の粘土は、微細で収縮が少ないことから、「瓦のための神秘の粘土」といわれています

この淡路瓦の高い硬度と美しい発色という魅力を受け継ぎ、景観アイテムとしての敷瓦やオブジェが誕生しました

新しい空間に伝統美漂うアイテムが融合し、お庭やアプローチに和モダンな空間を演出します

○●○●●○ まろうど浜松本店 ○○●○●○
431-1114 静岡県浜松市西区佐浜町5431
TEL053-485-8820 / FAX053-485-8821
営業時間:10:0017:00 / 定休日:毎週水曜日

まろうど 本田
お問い合わせはこちら

印刷用ページはこちら