実のなる木

~育てる楽しみ

植物によって実がなる時期は異なりますが、秋は「実りの時期」と呼ばれるほどその種類が多い季節と言えます。

木の実を活用するといってもいろいろあって、まずは「生でそのまま食べるもの」として一般的に果物(フルーツ)があります。

また、「熱を加えたり乾燥させたりして加工するもの」さらに「精製したり絞ったりして油を取るもの」が食用として使用するだけでなく、何かの原料として生活必需品に使用することもあります。

最近では、健康を意識した果実類が人気らしいです。
秋に実を結ぶ植物として、ナツメ、クランベリー、アケビ、ヤマボウシなどがあります。

展示場にあるヤマボウシを紹介しましょう。

ヤマボウシは、生食では滋養強壮や疲労回復などの効能があるといわれています。

実を乾燥させて下痢、腹痛などの薬事的にも活用できます。

ジャムやお酒にしてもいいそうですよ

残念ながら、試したことはありませんが…
IMG_6722
Before
IMG_64521
5~6月に大きな白い花にみえる4弁の総苞片が美しく咲きます。
→
After
IMG_6725
秋に実をつけました。<現在>
○●○●●○ まろうど浜松店 ○○●○●○
431-1114 静岡県浜松市西区佐浜町5431
TEL053-482-8820 / FAX053-485-8821
営業時間:10:0017:00 / 定休日:毎週水曜日

まろうど 本田
お問い合わせはこちら

印刷用ページはこちら