HOMEスタッフブログ植栽 樹木 菜園 花壇 > 植物がすこやかに生育するために

植物がすこやかに生育するために

~PartⅢ

くどいようですが、「植物がすこやかに生育するために」の続・続編です。

肥料の与え方


 元肥 ⇒ 種まき時や植付け時に、最初に与える肥料のこと。
      堆肥には多少の肥料成分が含まれますが、堆肥のみしか与えないと肥料不足を起こしますから、
      緩効性の肥料をしっかりと施しましょう。


 追肥 ⇒ 生育状態を見て、肥料が不足になってきたら追加で与える肥料のこと。
      成長の状況によって、与える量や種類を考えます。
      速効性・遅効性をよく確認して、肥料切れを起こさないように施します。


肥料の効き方

肥料は、その効き方によって大きく3つに分類されます。

 1. 速効性肥料
 
施肥すると効果が速く現れる肥料。主に水に溶けるも
 のが多く、追肥や、お礼肥に使います。水に流れてし
 まうので、長期間の効果はありません。


 2. 遅効性肥料
 施肥後すぐには効果がなく、微生物や土中の化学反応
 により、根に吸収されていきます。生育が旺盛な時期
 に合わせ、追肥として与えます。

 
 3. 緩効性肥料
 根から出る根酸によって、数か月にわたって効き目が
 続きます。元肥として与えます。


植物は一度に多くの養分を吸収できません。
効き方の異なる肥料を併用することで、肥料切れを起こすのを防ぐことができます。
a31fa31352cdc96b558c6dbe29214959







○●○●●○ まろうど浜松店 ○○●○●○

431-1114 静岡県浜松市西区佐浜町5431
TEL
053-482-8820 / FAX053-485-8821
営業時間:10:0017:00 / 定休日:毎週水曜日

まろうど 本田
お問い合わせはこちら

印刷用ページはこちら