HOMEスタッフブログペット ドッグラン > 犬とともに暮らす庭

犬とともに暮らす庭

~逃走・飛び出しを防ぐ

現在では、ペットとの暮らしを好む人が増えています。

特に、一番人気の犬とともに暮らすスタイルは今では当たり前ですね。

ドッグランを考えたお庭をご相談にいらっしゃる人も確実に増えています。

そこで、犬に安全・快適な庭をつくるために必要不可欠なポイントのひとつである逃走・飛び出しの対策として・・・
フェンスを見直す

●高さ
犬の大きさやジャンプ力を考慮して飛び越えられないようなフェンスの高さが必要です。
小型犬のトイプードルでもハイジャンプ競技で100mを超える記録があるので油断は禁物です。
愛犬のジャンプ力を知って、それにふさわしい高さのフェンスを設置しましょう。
cf35c564b6742124f6cd673f272d05521
●形状
犬がフェンスに足をかけた際、爪がフェンスに引っかかって外れなくなったり、ケガをする危険性があります。
また、犬によってはフェンスをよじ登って外に出てしまうこともあるので、足をかけられない形状を選びたいもの。
穴掘りが得意な犬はフェンス下に穴を掘り、その隙間から脱走することもあるので、基礎部分にも注意が必要です。




718edc2428af341e1be7fca39c6e35433
6278d70a4de211e1f2ffd0efe3ee29ab
門扉をつけよう

●開閉の向き
 外開き NG!
犬は門扉を押して扉を開けることがあるため、開き門扉の場合は内開きに施工をした方が良いでしょう。
門扉本体と地面の間から逃走することもあるので、隙間をなくし、さらに穴が掘れないような工夫も必要です。

シンプルでスマートな直線ラインが印象的な門扉。
たて格子デザインは犬が足をかけにくく、ケガの防止効果がアップするので安心です。

cc57ba3e1bf56700c7a129acd7bf85eb
●種類
 引戸 OK!
「開き門扉」は犬が取っ手に手をかけて解錠する恐れがあるため、「引戸門扉」を使用するのがよりお勧めです。
また、犬は押す動作が得意でも、横に引く動作は前足だけでは難しいので、「引戸門扉」の方が逃走防止には適しています。

開閉時にスペースを取りません。
アプローチ階段前や狭小敷地にもお勧めです。
犬が足をかけにくい格子タイプは、逃走防止に役立ちます。

f960afcc9971ea776c61619a2ebfb6dc
大事な愛犬に逃走・飛び出しをさせないために、高さや隙間にも注意して、しっかり囲って命を守ってあげましょう
○●○●●○ まろうど浜松店 ○○●○●○
431-1114 静岡県浜松市西区佐浜町5431
TEL053-482-8820 / FAX053-485-8821
営業時間:10:0017:00 / 定休日:毎週水曜日

まろうど 本田
お問い合わせはこちら

印刷用ページはこちら