HOMEスタッフブログ駐車場 アプローチ > 駐車場の広さ

駐車場の広さ

昨今の住宅で駐車場を考えた場合、一家に1台といわず、最低でも2台、もしくは4~5台というお宅も珍しくありません。

駐車場をつくるときの広さは、車1台分で幅2.5m、長さ5m(前面道路幅6mとした場合)が標準とされています。

もちろん、車のサイズは軽自動車から大型のセダンまでいろいろあり、“最少回転半径”も異なりますから、一律には決められません。

車の大きさを基準にすれば、車の全長+80~100cm、車の全幅(ミラーを除く)+110~130cmほどが目安になります。前面道路幅6m以下の場合では、さらに幅を広くとった駐車スペースが必要になってきます。


XAAAA-H15-398-1_0021
XAAAA-H15-398-1_0020
○●○●●○ まろうど浜松店 ○○●○●○
431-1114 静岡県浜松市西区佐浜町5431
TEL
053-482-8820 / FAX053-485-8821
営業時間:10:0017:00 / 定休日:毎週水曜日

まろうど 本田

●車椅子利用の場合は

車椅子で乗り降りすることを考えると、もう少し広いスペースが必要になります。国土交通省による標準駐車場条約(住宅向けのものではありません)では、車椅子利用者のための駐車施設では『幅3.5m以上、奥行6m以上』と決められています。

●自転車、バイクを置く場合は

自転車を置く場合は、1台で1m×2m程度のスペースが必要と考えられます。家族で複数台持ち、駐車スペースに一緒に置く場合も考慮が必要です。


ちなみに我が家の駐車場事情としては、3台分フル活用確保もしているんですが、縦列2台分と正面少々狭めスペースのため、しょっちゅう車の入れ替えありとこれがまたなかなかめんどくさい


お問い合わせはこちら

印刷用ページはこちら