HOMEスタッフブログ階段 スロープ 手すり 介護 > スロープの勾配を考える!

スロープの勾配を考える!

~バリアフリーを考えよう!

車椅子で生活されている方は、車から家に入るアプローチに段差があるようなら、スロープがあると便利ですね。

自宅にスロープを設置する際は勾配が何度になるかをしっかり検討することが必要だと思います。

自力走行か介助者がいるかで勾配は変わってきます。
cdbe5d2c6a3123ebb363dcdb2d59e346
自走で登れる傾斜角度は5°くらいが限界と思われます。
スロープの勾配は1/12以下(傾斜角度約5°)が望ましい。

特に屋外ですと1/15以下(傾斜角度約4°)が望ましいといえます。

ただし介護者がいる場合によっては、もう少し角度を検討しても良いと思います。




必要なスロープの長さを計算する方法
段差の高さが分かれば必要なスロープの長さをざっくり知ることができます。

段差の高さ×12=自力走行できるスロープの長さ
段差の高さ×6=介助者が無理なく車いすを押せる長さ
段差の高さ×4=介助者が車いすを押せる限界





また、車椅子の幅が約70cmなので、スロープの幅は120cm以上あると望ましい。


長いスロープですと、高さ75cm以下ごとに150cm以上の踊り場を設置するのが望ましい。

ba34919782ca81dbf425d281ac9cb876

eff15c4813ca276b629be57ce6b9cf1b1




以上のことは、あくまでも目安なので現場で必ず確認させていただいています。

設計の段階でスロープの場所を考える時、敷地の大きさにもよりますが、直接道路に出てしまう危険性を考え、道路面にぎりぎりにつけないように配慮もしています。
1a556f48e81637352e06ee1b175350e3


まろうどの施工事例も定期的にアップしています。

>>>スロープを使った施工事例はこちら<<<
f92a9c8d1b885f7b311b6ea61b179333
97e3217f72cf3bd48d16d72877b300a2

浜松本店では車椅子も用意してありますので、実際にご体験されてみてはいかがでしょうか?




○●○●●○ まろうど浜松本店 ○○●○●○
431-1114 静岡県浜松市西区佐浜町5431
TEL053-482-8820 / FAX053-485-8821
営業時間:10:0017:00 / 定休日:毎週水曜日

まろうど 本田
お問い合わせはこちら

印刷用ページはこちら