3つのお月見

~日本人の心

十三夜(じゅうさんや)ってご存知ですか?

私は知りませんでした。

十五夜はいわゆる中秋の名月で、今年は10月4日でした。

十三夜とは(のち)の月とも呼ばれ、十五夜の後に巡ってくる十三夜をさし、
旧暦9月13日に見える少し欠けた月のことをいいます。

夜空に少し欠けた月を見ると、“ユーミンの「十四番目の月」かな~”なんて思ってみたりはしてましたが・・・

2017年の十三夜は、11月1日だそうです。
bf593a723de98744ef47353fdda83a6d
十五夜は里芋を供えることが多いので「芋名月」と呼ばれていますが、

十三夜は栗や豆を供えるので「栗名月」「豆名月」ともいいます。

十五夜か十三夜のどちらかしか見ないのは「片見月」といって縁起が良くないそうです。

月見団子は十三夜にちなんで13個で、ススキや栗・豆とともにお供えします。


これも知りませんでしたが、十日夜(とおかんや)

十日夜とは、旧暦10月10日に行われていた収穫祭のことをいいます。

お月見がメインではないようです。

いづれにしても風情を楽しむだけでなく、収穫と関係ありきで感謝することも大切なんですね~
○●○●●○ まろうど浜松本店 ○○●○●○
431-1114 静岡県浜松市西区佐浜町5431
TEL053-482-8820 / FAX053-485-8821
営業時間:10:0017:00 / 定休日:毎週水曜日

まろうど 本田
お問い合わせはこちら

印刷用ページはこちら