暦の上ではもう冬

~立冬

11月7日立冬

立冬とは冬の始まり、二十四節気で今日から立春の前日までが暦の上でのということになります。

そもそも二十四節気(にじゅうしせっき)って何のことをいうんでしょう?


24sekki


太陽の動きをもとにつくられたのが二十四節気。

1年のうち、太陽が真東から昇って真西に沈む「春分」
と「秋分」を起点に、太陽の動きを24等分し、その期間
の自然の変化を象徴する呼び名がつけられています。







  二十四節気をさらに3つに分けた5日ごとの期間を
  「七十二候(しちじゅうにこう)」といいます。

  冬の七十二候を見てみましょう!!
72huyu
山椿開(つばきはじめてひらく)
読みは「つばき」ですが、山茶花が咲き始める頃。冬枯れの景色の中で、大輪の山茶花の花はより一層目立ちながら、きれいに咲き誇ります。

地始凍(ちはじめてこおる)
冬の冷気の中で、大地が凍り始める頃。朝は霜が降り、場所によっては霜柱が見られるところもあります。夜は冷え込みが一層厳しくなるので、部屋の窓の結露にも注意が必要です。

金盞香(きんせんかさく)
水仙の花が咲き始める頃。金盞花を連想してしまいそうですが、水仙の花のことを表しています。水仙は上品な香りと育てやすさから人気のある花です。
七十二候は気候や動物・植物の繊細な移ろいを短文で表しているので、とても情緒がありますね~
○●○●●○ まろうど浜松本店 ○○●○●○
431-1114 静岡県浜松市西区佐浜町5431
TEL053-482-8820 / FAX053-485-8821
営業時間:10:0017:00 / 定休日:毎週水曜日

まろうど 本田
お問い合わせはこちら

印刷用ページはこちら