日本の伝統文様

以前に、日本の伝統色をブログにあげたことがありますが、今回は日本の伝統文様についてです。

一部を紹介しましょう
image299320
和風の文様は着物や手ぬぐいの柄、和菓子のパッケージなど、誰でもどこかで目にしたことがあると思います。

単純な文様と文様をつなぎ合わせたものが多いですが、昔の人は文様を重ねることによってめでたい気持ちを表していたそうです。
e6f182bfd8fc94b0ee646d67a8c1f8b9
青海波≪せいがいは≫

海の波の様子から。穏やかに繰り返される波のように平穏無事な暮らしが続くようにとの願いが込められている。


七宝繋ぎ
≪しっぽうつなぎ≫

円を仏教の七種の宝物である『金、銀、瑠璃、玻璃、しゃこ、珊瑚、めのう』に見立てた。


麻の葉
≪あさのは≫

麻の葉の形から。麻は成長が早く丈夫なため、古くは赤ちゃんの産着などに用いる風習があった。


54171541-9d9d-41b9-8b80-bd1bdd6bc7a8
矢絣≪やがすり≫

矢羽の形から。明治・大正時代には女学生の間で矢絣の着物と海老茶色の袴を合わせるスタイルが大流行した。


手ぬぐい、風呂敷などのいろいろな使い方も紹介され、とてもおしゃれに見えます。

お弁当を包んだり・・・が手近なところで実行できそう


○●○●●○ まろうど浜松店 ○○●○●○
431-1114 静岡県浜松市西区佐浜町5431
TEL
053-482-8820 / FAX053-485-8821
営業時間:10:0017:00 / 定休日:毎週水曜日

まろうど 本田
お問い合わせはこちら

印刷用ページはこちら