秋の七草

秋といいつつ、今日は暑いですね

春の七草はおかゆにしていただきますが、秋の七草は純粋に目で見て楽しみます。

この7種類が選ばれたのは、山上憶良が詠んだ万葉集の二首が由来と言われています。

秋の野に咲きたる花を指折り かき数ふれば七種の花
意味:秋の野にとりどりに咲く花を、指を折りながら
一つひとつ数えてみると、七種類の花がありました。
萩の花 尾花 葛花 瞿麥の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花
読み: はぎのはな おばな くずはな なでしこのはな
    おみなえし また ふじばかま あさがおのはな
aki-
uta
一首目は、「五・七・五・七・七」の短歌で、二首目は、「五・七・七、五・七・七」の旋頭歌です。
kikyou
歌にある「朝がお」とはキキョウ説が有力だとか・・・
歌を詠む習慣があった頃は、野花を舌以上に視覚で味わっていたそうです。

「食欲の秋」とは言いますが、たまには・・・

「行楽の秋」「芸術の秋」ともいいますしね~
nanakusa1
○●○●●○ まろうど浜松店 ○○●○●○
431-1114 静岡県浜松市西区佐浜町5431
TEL053-482-8820 / FAX053-485-8821
営業時間:10:0017:00 / 定休日:毎週水曜日

まろうど 本田
お問い合わせはこちら

印刷用ページはこちら