HOMEスタッフブログ門 表札 ポスト 照明 > 夜に浮かびあがるシンボルツリー

夜に浮かびあがるシンボルツリー

~樹木を魅力的にライトアップ

シンボルツリーをライトアップすれば、一気に外構や庭の雰囲気が変わります。

一本だけでもライトアップされた樹木は目が行きます。

たくさんの樹木をライトアップすれば、明るく華やかな印象になります。

今回は、樹木を綺麗にライトアップする手法を紹介します。
c3bbe6171012bb4d4709d7e6c6980b6b
アップ ライティング

樹木の基本的なライトアップの方法

下から照らすアップライティングは、樹木の一般的な照らし方です。
樹木の種類や高さにあったものを使うことで枝葉の美しさを浮かび上がらせます。
同じ樹木でもライトアップすることで昼とは雰囲気がガラッと変わります。



シャドー ライティング

樹木を利用して影を作り出す方法

まず、影をつくりたいと思う壁面に向かって光を向けるイメージで樹木をライトアップします。
アップライティングと同じように下から樹木を照らします。
影を壁面に落とし込むことで、奥行き、空間の立体感を強調します。
ライトアップされた耳目と、壁面の樹木の影が面白さ、神秘的な印象を与えます。
また、壁面は明度が高くシンプルなものが適しています。
b048b683ca6021a3814c03c4fc25f8c4

77c1a5ca5bcbd4c1aad93e64b9b2932a1
シルエット ライティング

光を隠すようにおいて対象物のシルエットを強調

シルエットライティングは、アップライティングやシャドーライティングのように直接照らすのではなく、見せたい対象物のシルエットが浮かぶように後ろの壁からライトアップします。
壁面に当てた反射光が対象物を後方から照らし、落ち着いた印象を与えます。
クロス ライティング

樹木をどこから見ても同じ明るさに

樹木を一つのライトで照らすのも綺麗ですが、光が当たるところと当たらないところでは、どうしても樹木自体に明暗が出てしまいます。
どの方向から見ても同じ明るさ、ひとつの樹木に複数のライトで照らすのがクロスライティング。
一つのライトの時よりも明るく華やかに、どこから見ても均一にライトアップされます。
同じライトを使用することで、色合いが揃って違和感のないクロスライティングになります。
654b78fd7de6467cc377cb3f5b0b9ae8

6733c0d7313eb7367764f449a52975aa1
ムーン ライティング

月明かりのような穏やかなライティング

月明かりのような影が地面にできて、自然に近い状況をつくりだします。
樹木の内側にライトを設置し、大きな枝に対して、光を投げかけると影を程よくつくりだせます。
LED、ハロゲンの光が適しています。
月光のような穏やかな光は、リラックスしたい時に効果的です。
28
ライトアップされた空間、夜のお庭をぜひ楽しみましょう
169aff73ad05c0d3fee77cf1420714571
37a1d61856a3835f426414e31a2495b71
e66d5604b62cb41dc677a81688d598361
32ffdbe4779ff649bd83357faa680f5f1
○●○●●○ まろうど浜松本店 ○○●○●○
431-1114 静岡県浜松市西区佐浜町5431
TEL053-482-8820 / FAX053-485-8821
営業時間:10:0017:00 / 定休日:毎週水曜日

まろうど 本田
お問い合わせはこちら

印刷用ページはこちら