HOMEスタッフブログ門 表札 ポスト 照明 > アプローチの配置の仕方

アプローチの配置の仕方

 門から玄関までの道のりをアプローチといいますが、その配置の仕方はいろいろあります。

 玄関と門の間にクッションスペースを置くことで、公から私への切り替えが可能になります。


14_0_102_530_1690_1886
 見通しが遮られることで、景色に変化が起き、門廻りの空間に奥行き感が出ます。

 植栽も工夫することで、玄関があからさまに見えなくなる効果があります。
15_0_488_1940_1040_2352
アプローチは欲しいけれど、建物が道路のすぐそばまで建っているので十分なスペースがないという場合でも大丈夫です。
門扉の位置を玄関ドアから大きく左右いずれかにずらすことで、道路と平行のアプローチが生まれます。
その場合、植栽や格子等、光や風を遮らないようなもので、アプローチを道路から隠します。

また、門扉は一般的には内開きタイプが多いのですが、横にスライドして開閉する引戸式のものがあります。
この引戸式であれば、開閉のために大きなスペースを用意する必要がないので、門扉と玄関の間が狭い場合でも門扉を取り付けることができます。

まろうどでは、こんな感じにしたいというご希望に寄り添った、ご提案をさせて頂きます。
○●○●●○ まろうど浜松店 ○○●○●○
431-1114 静岡県浜松市西区佐浜町5431
TEL
053-482-2505 / FAX053-485-8821
営業時間:10:0017:00 / 定休日:毎週水曜日

まろうど 本田
お問い合わせはこちら

印刷用ページはこちら