HOMEスタッフブログお庭施工例 > 植栽の配色を考える

植栽の配色を考える

~バランスよく見える法則

植栽を考える時、カラーを考えるのもバランスを取るには必要だと思われます。

色相環で見てみると、背景に対して補色(反対側に存在する色)を持ってくると視線が自然といきますね・・・

バックのフェンスの色とのカラーコーディネート例です。

ffaa785e0689cb1310aa1e00ae17691f
cf6a4ef0db5bfaee85c2a8801942c9ae
0507c739cf48039187429edf50d0b333
2908dc603619d265be3ae38edcddca5a
配色をする上で、ベースカラーを70%、メインカラーを25%、アクセントカラーを5%で割り振るとバランスよく見えます。

サブカラーを使う場合は、サブカラーを5~10%にし、メインカラーやベースカラーの割合を調整します。

メインカラー
最初に決める色で、これが基準になります。全体のイメージをつくる色になるので、面積も広くなります。

サブカラー
メインカラーをサポートする色です。使わない場合もあれば、2・3色使うこともあります。

ベースカラー
背景色にあたります。面積が一番広くなることが多く、影響力は大きいです。
メインカラーとは意味合いが違うので、ここに主張の激しい色を持ってくると、意味が変わってきます。

アクセントカラー
面積は狭いですが、非常に重要な意味を持ちます。メインカラーに対して際立つような色を選択すると効果的で、メインカラーと補色関係に当たる色を選ぶとより効果的になることが多いです。
アクセントカラーがある事で、配色全体が引き締まり、見る人の視点を安定してくれる効果があります。

これは植栽に限ったことではなく、インテリアやファッションにも言える法則らしいです。
9b790528396c99437a05ed3bc61cd4c2
7f15a23a7ad9dbdafd536d756aac9edf
○●○●●○ まろうど浜松本店 ○○●○●○
431-1114 静岡県浜松市西区佐浜町5431
TEL053-482-8820 / FAX053-485-8821
営業時間:10:0017:00 / 定休日:毎週水曜日

まろうど 本田
お問い合わせはこちら

印刷用ページはこちら