HOMEスタッフブログカーポート ガレージ 自転車置場 > カーポートの役割と位置関係

カーポートの役割と位置関係

新基準カーポート選び

1144

雨の日が続きます。
こんな時はやはりカーポートがあるといいですね~


改めてカーポートの役割とは・・・。




■雨から守る
雨による金属部のサビつきを減らし、長雨による水あかやワックスの流れ出しを抑えます。
2111
■濡れずに乗り降りできます。
乗り降りの時には雨に濡れずにすみ、車内への吹き込みも少ないので、湿気がこもりにくくなります。


■霜や雪から守ります。
冬場の霜対策として、霜取りの時間を短縮します。積雪強度の地域に合わせて対応できます。
378
■熱線遮断ポリカーボネート板が車内温度の上昇を大幅に軽減。
屋根があれば、夏場は直射日光による車内温度の上昇を抑え、車に乗り込むときのイヤな熱気を軽減します。また、屋根ふき材に熱線遮断ポリカーボネート板を採用syれば、さらに大幅に軽減。日差しの照り返し、2階や隣家への眩しさも抑えます。
462

■紫外線による塗装の劣化を防ぎます。
太陽光の紫外線は車の塗装などには大敵。カーポートの屋根ふき材がしっかりとガードします。



様々な役割があります!






次に建物との位置関係を確認します。



543
駐車スペースの位置によってカーポートの形状やデザインが変わったり、制約を受けたりする可能性もあります。
カーポート選びは、駐車スペースの位置を念頭に置いて進める事が必要です。



624
そもそも駐車スペースはどれくらい必要?

●車椅子利用の場合は、もう少し大きなスペースが必要。
●自転車を置く場合、1台×2m程度のスペースが必要。

                
※参考資料:YKKap

車の保護や防犯面への配慮はもちろん、門扉やフェンスとのバランスなど、道路側の比較的目立つ場所にあるため、配置計画には気を配りたいスペースです。





○●○●●○ まろうど磐田店 ○○●○●○

〒438-0811 静岡県磐田市一言2611-5番地
TEL:0538-86-3237 / FAX:0538-86-3238
営業時間:10:00~17:00 / 定休日:毎週水曜日

まろうど 京子




お問い合わせはこちら

印刷用ページはこちら